コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関鑑子 せき あきこ

1件 の用語解説(関鑑子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関鑑子 せき-あきこ

1899-1973 大正-昭和時代のソプラノ歌手,合唱指導者。
明治32年9月8日生まれ。昭和4年日本プロレタリア音楽家同盟に参加,初代委員長をつとめる。戦後,中央合唱団,音楽センターを主宰し,「日本のうたごえ」運動を全国にひろめた。昭和48年5月2日死去。73歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。著作に「歌ごえに魅せられて」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の関鑑子の言及

【うたごえ運動】より

労音とならぶ戦後日本の音楽文化運動。1948年,生活と音楽とを結び付けることを目的として,関鑑子(あきこ)(1899‐1973)をリーダーとする中央合唱団によって始められた。運動は職場,学校と地域とが交流する形で全国的に広がった。…

【プロレタリア音楽】より

…音楽家同盟は31年以降の日本プロレタリア文化連盟(略称〈コップ〉)の時代にも,その加盟団体として活動を続け,33年には日本プロレタリア音楽同盟と改称している。構成員としては,作曲家守田正義,露木次男,原太郎,吉田隆子,石井五郎らのほか,演奏家の関鑑子(あきこ),井上頼豊,福田上一らが加わり,合唱曲や歌曲の創作と労働者階級の音楽創造を目標にさまざまな活動を試みた。守田の《里子にやられたおけい》《小さな同志》,吉田隆子《鍬》《兵士を送る》,原太郎《芝浦》などの反戦歌,闘争歌などが生み出された。…

※「関鑑子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関鑑子の関連キーワード宇野宗甕北村一郎小室達清水静子滝田菊江武岡鶴代立松ふさ長坂好子原信子ベルトラメリ能子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関鑑子の関連情報