コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関屋政春 せきや まさはる

1件 の用語解説(関屋政春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関屋政春 せきや-まさはる

1615-1686* 江戸時代前期の武士,兵法家。
元和(げんな)元年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)の人。寛永10年加賀金沢藩3代藩主前田利常(としつね)につかえる。明暦のころ江戸で山鹿(やまが)素行にまなんで兵学を講じ,利常の子利明の侍講をつとめる。5代藩主綱紀(つなのり)の代に先筒頭。貞享(じょうきょう)2年12月14日死去。71歳。通称は新兵衛。著作に「乙夜之書物」「政春古兵談」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関屋政春の関連キーワード本阿弥光悦元和人形浄瑠璃小田原藩吉田半兵衛古唐津石川康勝大野治長大野治房片桐且元

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone