コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関崎 せきざき

2件 の用語解説(関崎の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕関崎(せきざき)


大分県東部、佐賀関(さがのせき)半島先端の岬。幅約13kmの速吸瀬戸(はやすいせと)を隔て四国西端の佐田(さだ)岬と対する。地蔵(じぞう)崎とも。沖合でとれる関(せき)サバ・関アジは急潮で身が締まり高級魚とされる。関埼(さき)灯台がある。日豊(にっぽう)海岸国定公園に属し、岬近くに関崎展望台やキャンプ場が整備。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関崎
せきざき

大分県大分市北東部に位置する佐賀関半島東端の岬。地蔵崎ともいう。愛媛県の佐田(さだ)岬と相対し、その間13.5キロメートルを豊予(ほうよ)海峡(速吸(はやすい)瀬戸)といい、潮流が激しい。標高40メートルの岬端に、1901年(明治34)初点の灯台がある。地蔵崎の別名は、養老(ようろう)年間(717~724)に役行者(えんのぎょうじゃ)が安置したと伝える波除(よ)け地蔵があることによる。日豊(にっぽう)海岸国定公園に含まれる。佐賀関バスセンターから徒歩1時間。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の関崎の言及

【地蔵崎】より

…大分県東部,佐賀関半島先端の岬。一般には関崎と呼ばれる。眼前の豊予海峡(速吸瀬戸(はやすいのせと))は航海の難所で,養老年間(717‐724)役行者(えんのぎようじや)がここで難破したとき,地蔵尊があらわれたという伝説によってこの地名がついたといわれる。…

※「関崎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関崎の関連情報