コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐賀関半島 さがのせきはんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐賀関半島
さがのせきはんとう

大分県東部,四国の佐田岬半島と対し,瀬戸内海南西部の速吸瀬戸に臨む半島。北に別府湾,南に臼杵湾を分ける。先端部は大分市に属し,北岸の入江に佐賀関港および製錬所がある。東岸南岸日豊海岸国定公園に属する景勝地。国道 217号線が半島をめぐり,大分市と臼杵市を結ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さがのせき‐はんとう〔‐ハンタウ〕【佐賀関半島】

大分県東部の、西に別府湾、東に臼杵(うすき)湾を分ける半島。豊予海峡を隔てて四国の佐田岬半島と対する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さがのせきはんとう【佐賀関半島】

大分県東部,別府湾と臼杵(うすき)湾を分かつくさび形をした半島。瀬戸内海への門戸をなす豊予(ほうよ)海峡を隔てて愛媛県の佐田岬半島と相対する。主峰樅木(もみのき)山(484m)から北東方向に山稜線が走り,しだいに高度を下げ先端近くに南北からくさび状に湾入がある。北からの湾入を上浦(うわうら),南を下浦(したうら)といい,この地峡部に佐賀関町の市街地が立地する。半島先端は地蔵崎で,その洋上にウミネコ生息地として有名な高島がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さがのせきはんとう【佐賀関半島】

大分県東部、速吸はやすい瀬戸(豊予海峡)に突出する半島。北の別府湾と南の臼杵うすき湾を分け、四国の佐田岬さだみさきと相対する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕佐賀関半島(さがのせきはんとう)


大分県東部の半島。速吸瀬戸(はやすいせと)(豊予(ほうよ)海峡)を挟んで、約13km向こうに四国西端の佐田岬(さだみさき)半島を望む。標高200~480mの脊梁(せきりょう)が連なる樅木(もみのき)山地の地塁。地峡部に大分市佐賀関の市街があり、日鉱金属の製錬所がある。東岸は日豊(にっぽう)海岸国定公園の一部。関(せき)崎沖合の高(たか)島はウミネコの生息地。佐賀関の漁港はブランドの関サバ・関アジの水揚げ場として知られる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐賀関半島
さがのせきはんとう

大分県東部、別府(べっぷ)湾と臼杵(うすき)湾を分けるくさび形の半島。大分市域にあたる。愛媛県佐田(さだ)岬半島とともに瀬戸内海南西部の門戸をつくり、九州―四国間の陸橋をなしている。おもに、蛇紋(じゃもん)岩を伴う三波川(さんばがわ)結晶片岩からなる、標高300~400メートルの樅木(もみき)山地の地塁で、主農副漁の集落が沿岸に点在し、米麦、ミカンなどをつくる。頸部(けいぶ)をJR日豊(にっぽう)本線が走り、国道197号と217号が海岸を巡る。先端に近く、漁港と製錬所のある中心地区関がある。佐賀関港と三崎港(愛媛県)との間にフェリーボートが通っている。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

佐賀関半島の関連キーワード豊予海峡ルート構想高島(大分県)三崎(愛媛県)佐賀関[町]三波川変成帯早吸日女神社大分県大分市佐賀関〈町〉大分(市)中央構造線築山古墳脊梁豊予日豊蔦島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐賀関半島の関連情報