日豊海岸国定公園(読み)にっぽうかいがんこくていこうえん

  • にっぽうかいがんこくていこうえん ‥コクテイコウヱン
  • にっぽうかいがんこくていこうえん〔コクテイコウヱン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大分県佐賀関半島東岸から,宮崎県の美々津海岸日向市)にいたる自然公園。全長約 120kmのいわゆる日豊海岸の大部分と,彦岳,尺間山,鏡山など海岸に近い山岳景勝地などを含む。面積 85.18km2。1974年指定。大分県の豊後水道県立自然公園(1951指定)の約 3分の1と,宮崎県の南北浦海岸県立公園(1958指定)および日向美々津県立公園(1966指定)の大部分の地域を国定公園に昇格したもの。北部速吸瀬戸豊予海峡)に面して佐賀関半島,楠屋崎,四浦半島,鶴御崎の四つの半島が突出し,臼杵湾津久見湾佐伯湾をいだいている。リアス海岸で天然の良港が多く,海水浴場,キャンプ場が点在する。蒲江から南部は多くの小半島が突出し,多島海景観を示す。延岡市沖の高島ビロウ自生地は国指定天然記念物。公園域南端の小倉ヶ浜付近は日南海岸と並ぶ海岸景勝地として知られる。公園一帯は,太平洋岸の暖温帯植生が瀬戸内海地方へ移行する北限として,植物学上重要な地域である。なお蒲江海域公園地区南北浦海域公園地区がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大分県の佐賀関半島から宮崎県日向市の美々津海岸まで延長120kmの海岸線と,沖合の島々からなる国定公園。1974年指定。85.18km2。リアス海岸で,海食景観が雄大。蒲江(かまえ),南北浦の海中公園がある。
→関連項目日向[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

大分県の佐賀関半島から宮崎県日向ひゆうが市の美々津海岸に至る、日豊海岸一帯を占める国定公園。複雑なリアス式海岸と、多く点在する小島や岩礁が特色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大分県大分市の佐賀関半島から宮崎県日向(ひゅうが)市美々津海岸(みみつかいがん)に至る豊後(ぶんご)水道・日向灘(なだ)北部西岸のリアス式海岸地域を占める国定公園。面積85.18平方キロメートル。1974年(昭和49)指定。九州山脈の北東部が海に没する所で、四浦(ようら)半島以北は秩父中・古生層、南部は中生層・新生層に属する。湾入は、北部は鋸歯(きょし)状であるが、南部は入り組みの多い宇和海(うわかい)型である。湾の中や岬端に近く無垢(むく)島、保戸(ほと)島、大島、大入(おおにゅう)島、屋形(やかた)島、深(ふか)島、島浦(しまうら)島などの島や、「(はえ)」とよばれる岩礁が沈降に残っている。外洋の波浪を受ける南東向きの海岸には海食崖(がい)や洞穴・洞門が発達している。彦岳(ひこだけ)、尺間山(しゃくまやま)、鶴見(つるみ)半島の尾根、仙崎(せんざき)山などは好展望台をなす。石灰岩地帯には碁盤ヶ岳のドリーネや狩生鍾乳(かりうしょうにゅう)洞(国指定天然記念物)などがある。アコウ、ビロウ、ハマユウの植物相、イノシシ、シカ、ニホンザルの野生動物群も貴重。サンゴ類も特色で、蒲江(かまえ)(大分県佐伯市)、南北浦(みなみきたうら)(宮崎県延岡(のべおか)市)の2海域公園がある。魚釣り場、海水浴場、キャンプ場も多い。海岸沿いや半島尾根に観光道路が整備されつつある。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

九州中東部にある国定公園。大分県の佐賀関半島から宮崎県日向(ひゅうが)市の美々津海岸に及ぶ海岸地域。北部はリアス式海岸、南部は宇和海型で海食崖や洞門・洞穴が発達。蒲江・南北浦の二海中公園がある。昭和四九年(一九七四)指定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日豊海岸国定公園の関連情報