地蔵崎(読み)じぞうざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地蔵崎
じぞうざき

別称関崎。大分県東部,佐賀関半島の先端をなす岬。速吸瀬戸 (豊予海峡) にのぞむ海上交通の要地で,灯台がある。また景勝の地で日豊海岸国定公園に属する。地名は役小角ゆかりの地蔵仏のあることに由来。また別称は藤原純友の乱のときに始るといわれる関所の佐賀関による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じぞうざき【地蔵崎】

大分県東部,佐賀関半島先端の岬。一般には関崎と呼ばれる。眼前の豊予海峡(速吸瀬戸(はやすいのせと))は航海の難所で,養老年間(717‐724)役行者(えんのぎようじや)がここで難破したとき,地蔵尊があらわれたという伝説によってこの地名がついたといわれる。白亜の関崎灯台(1901建設)からの展望はすばらしく,ウミネコの生息地として有名な高島や,対岸の佐田岬,さらに遠く四国の山々が望める。【勝目 忍】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕地蔵崎(じぞうざき)


島根県東部、島根半島東端の岬。古く『出雲国風土記(いずものくにふどき)』には三穂の崎とある。美保関(みほのせき)灯台がある。大山隠岐(だいせんおき)国立公園に属する。はるか彼方に隠岐諸島の浮かぶ日本海の眺望がよい。西2kmに民謡『関(せき)の五本松』で名高い美保関港がある。

〔大分県〕地蔵崎(じぞうざき)


関崎(せきざき)

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地蔵崎の関連情報