コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊予海峡 ホウヨカイキョウ

百科事典マイペディアの解説

豊予海峡【ほうよかいきょう】

大分県佐賀関半島の関崎と愛媛県佐田岬との間の海峡。速吸(はやすい)瀬戸ともいう。幅約14kmで中央西寄りに高島がある。潮流が激しく(最大流速は時速約5.5ノット)海底には300m以上に達する海釜がある。
→関連項目瀬戸内海

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうよかいきょう【豊予海峡】

大分県(豊後)関崎と愛媛県(伊予)佐田岬との間の海峡。豊後水道の北口にあたり,古来,日向灘と瀬戸内海を結ぶ海路の要衝である。潮流は南または北に流れ,大潮期の最大流速は北流5.9ノット,南流5ノット。潮流の速さから速吸門,速吸名門などの名で記紀にもみられ,とくに関崎とその地先の高島との間は流れが速く暗礁もあって難所であった。豊予海峡の呼称は1883年の水路部の海図で最初に使用されたが,現在も速吸瀬戸の別称がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうよかいきょう【豊予海峡】

大分県地蔵崎と愛媛県佐田岬に挟まれた海峡。豊後水道と瀬戸内海を連絡する。速吸はやすい瀬戸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊予海峡
ほうよかいきょう

速吸瀬戸」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊予海峡
ほうよかいきょう

瀬戸内海の南西部、愛媛県佐田(さだ)岬と大分県佐賀関半島関崎との間の海峡。海峡間は約16キロメートル。速吸瀬戸(はやすいせと)ともいう。北の伊予灘(いよなだ)と南の豊後(ぶんご)水道の境界にあたるため豊予海峡という。関崎寄りに高島、牛島があり、この両島と佐田岬間の水深は最大地点で140メートルであるが、海峡の南北にはそれぞれ深度300~400メートルの二つの海釜(かいふ)がある。この海釜は付近の激しい潮流による侵食で形成されたものと考えられる。潮流の速さは漲潮(ちょうちょう)時最大6ノット、逆潮時5ノットである。海峡は瀬戸内海と外洋を結ぶ主要航路にあたり、タンカー、フェリーなどの大型船舶の航行が多い。海峡一帯は穏顕岩礁や海食崖(がい)の景観に優れ、瀬戸内海国立公園域になっている。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の豊予海峡の言及

【地蔵崎】より

…一般には関崎と呼ばれる。眼前の豊予海峡(速吸瀬戸(はやすいのせと))は航海の難所で,養老年間(717‐724)役行者(えんのぎようじや)がここで難破したとき,地蔵尊があらわれたという伝説によってこの地名がついたといわれる。白亜の関崎灯台(1901建設)からの展望はすばらしく,ウミネコの生息地として有名な高島や,対岸の佐田岬,さらに遠く四国の山々が望める。…

※「豊予海峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊予海峡の関連キーワード海峡横断プロジェクト日豊海岸国定公園別府万年山断層帯高島(大分県)早吸日女神社佐賀関[町]大分県大分市大分(市)三崎[町]槁根津日子佐田岬半島佐賀関大分県岬サバ岬アジ関鰺関鯖

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊予海峡の関連情報