コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関根祥六 せきね しょうろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関根祥六 せきね-しょうろく

1930- 昭和-平成時代の能楽師シテ方。
昭和5年10月28日生まれ。幼少のころより兄関根直孝に師事。昭和26年宗家25代観世元正(もとまさ)(のち左近)に内弟子として入門,同年初シテ「小袖曾我」を演じる。能楽協会常務理事などをつとめ,国立能楽堂能楽研修の主任講師として後進の育成につくす。平成14年芸術院賞。埼玉県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関根祥六の関連キーワード仲井真 嘉子関根 祥人

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関根祥六の関連情報