小袖曾我(読み)こそでそが

世界大百科事典 第2版の解説

こそでそが【小袖曾我】

能の曲名四番目物現在物作者不明。宮増(みやます)作ともいう。シテ曾我十郎曾我十郎・五郎(ツレ)の兄弟は,工藤祐経(くどうすけつね)に討たれた実父河津三郎の敵討の機会をねらっていたが,富士裾野の巻狩りを好機とみて,出発に先立ち曾我の里の母(ツレ)を訪れる。母は,出家させるつもりの五郎が寺を出たことを怒っていたので,面会しないばかりか重ねて勘当を申し渡す。しかし十郎が母の前に五郎を連れて出て説得をするので,勘当を許す(〈クセ〉)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こそでそが【小袖曾我】

[一] 謡曲。四番目物。各流。作者不詳。曾我十郎と弟五郎は親のかたきを討とうと、母に五郎の勘当の許しを請いに行く。母は十郎としか会おうとしないが、十郎のとりなしでついに五郎を許す。兄弟は相舞(あいまい)を舞い、母との別れを惜しみながら、富士の裾野に向かう。「曾我物語」による。
[二] 幸若の曲名。謡曲と同材。母に別れを告げた二人が鞠子川の濁水を見て、伊豆箱根権現の由来を語るところがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

小袖曾我
(通称)
こそでそが

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
着衣始小袖曾我
初演
寛政10.1(江戸・桐座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

世界大百科事典内の小袖曾我の言及

【能】より

…このような能が存在するのは,両役籍の区別の根本が芸質にあって,戯曲上の役の軽重はまた別の問題だからである。なお,ワキ方が1人も出ない能に《小袖曾我》などがあるが,シテ方が1人も出ない能というのは現行演目の中にはない。 狂言方は,元来狂言を演ずるのを専門とするが,能の中の人物でも,科白劇的な演技を必要とする役は狂言方が扮し,これをアイ(間狂言(あいきようげん)の意)と称する。…

※「小袖曾我」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android