関橋守(読み)せき はしもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関橋守 せき-はしもり

1804-1883 江戸後期-明治時代の歌人。
文化元年5月16日生まれ。上野(こうずけ)群馬郡室田宿の材木商,名主。京都の千種有功(ちぐさ-ありこと)の門人。公家・歌人と交遊。これらの人々から賀の歌をあつめ,「耳順賀歌集」を刊行。明治16年4月15日死去。80歳。名は実遂。通称は内蔵之助。号は紅葉楼。紀行に「草枕花下臥」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android