コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関矢留作 せきや とめさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関矢留作 せきや-とめさく

1905-1936 昭和時代前期の農民運動家。
明治38年5月2日生まれ。関矢孫左衛門の子。総同盟の関連団体,産業労働調査所に所属し,農民部を担当。昭和4年全農戦闘化協議会に参加,「農民闘争」誌上に論文を執筆。翌年共産主義青年同盟の関係で検挙された。8年出所後,北海道で農業に従事。昭和11年5月15日死去。32歳。北海道出身。東京帝大卒。筆名は星野慎一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関矢留作の関連キーワードマキノ雅広日露戦争史(年表)斎藤寅次郎清水宏ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)ロシア革命スペイン内戦山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門イタリア映画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android