関矢留作(読み)せきや とめさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関矢留作 せきや-とめさく

1905-1936 昭和時代前期の農民運動家。
明治38年5月2日生まれ。関矢孫左衛門の子。総同盟の関連団体,産業労働調査所に所属し,農民部を担当。昭和4年全農戦闘化協議会に参加,「農民闘争」誌上に論文を執筆。翌年共産主義青年同盟の関係で検挙された。8年出所後,北海道で農業に従事。昭和11年5月15日死去。32歳。北海道出身。東京帝大卒。筆名は星野慎一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android