コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関矢孫左衛門 せきや まござえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関矢孫左衛門 せきや-まござえもん

1844-1917 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,開拓者。
天保(てんぽう)15年1月24日生まれ。戊辰(ぼしん)戦争,西南戦争従軍。明治11年新潟県長岡の第六十九国立銀行頭取。19年大橋一蔵らと北越殖民社をおこし,北海道石狩の野幌(のっぽろ)開拓に従事。23年衆議院議員。大正6年6月21日死去。74歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本姓飯塚。名は忠靖。号は道庵,北海道人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関矢孫左衛門の関連キーワード関矢 マリ子江別(市)明治時代関矢留作運動家開拓者尊攘天保

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android