コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関矢孫左衛門 せきや まござえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関矢孫左衛門 せきや-まござえもん

1844-1917 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,開拓者。
天保(てんぽう)15年1月24日生まれ。戊辰(ぼしん)戦争,西南戦争に従軍。明治11年新潟県長岡の第六十九国立銀行頭取。19年大橋一蔵らと北越殖民社をおこし,北海道石狩の野幌(のっぽろ)開拓に従事。23年衆議院議員。大正6年6月21日死去。74歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本姓は飯塚。名は忠靖。号は道庵,北海道人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関矢孫左衛門の関連キーワード曲芸TGE-A型 軍用保護自動貨車三菱A型文学革命井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone