コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関節の損傷 かんせつのそんしょう

家庭医学館の解説

かんせつのそんしょう【関節の損傷】

 関節がなんらかの原因で、損傷を受けたり、外れたりすると、その屈曲(くっきょく)と伸展(しんてん)(曲げ伸ばし)に支障が生じ、痛みもともなうため、動作が困難になります。
 その原因は、ねんざと脱臼(だっきゅう)がその代表ですが、膝内障(しつないしょう)や肘内障(ちゅうないしょう)もよくみられます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

関節の損傷の関連キーワード頸椎捻挫(むち打ち損傷/過伸展過屈曲症候群)

関節の損傷の関連情報