コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関精拙 せき せいせつ

美術人名辞典の解説

関精拙

臨済宗の僧。天龍寺派管長。天龍寺二百四十世。兵庫県生。諱は元浄。号は青峨。中国・インドに学び、宗義を極める。書画に巧みであった。昭和20年(1945)寂、69才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関精拙 せき-せいせつ

1877-1945 明治-昭和時代前期の僧。
明治10年1月18日生まれ。臨済(りんざい)宗。明治33年兵庫県の天隣寺住職となる。橋本峨山(がざん),高木竜淵(りゅうえん)にまなび,竜淵の印可をうける。大正11年天竜寺派管長。漢詩,書画を得意とした。昭和20年10月2日死去。69歳。兵庫県出身。法名は元浄。別号に青峨。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関精拙の関連キーワード大森曹玄山田無文関 牧翁真溪涙骨加藤孝芳臨済宗関牧翁

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android