コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関重忠 せき しげただ

2件 の用語解説(関重忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関重忠 せき-しげただ

1864*-1945 明治時代の軍人。
文久3年11月22日生まれ。関重麿(しげまろ)の長男。明治17年海軍機関科士官として渡英,グリニッジ海軍大学校などにまなぶ。海軍兵学校機関学科教官。日露戦争での戦艦「朝日」機関長をへて41年舞鶴鎮守府機関長。44年少将。昭和20年3月12日死去。83歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。海軍機関学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

関重忠

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:文久3.11.22(1864.1.1)
明治期の海軍軍人小田原藩(神奈川県)藩士関重麿の長男。明治16(1883)年機関学校卒。16年にイギリスから輸入した軍艦「筑紫」に水圧機や発電機という従来なかった近代的な機械類が積まれており,これらに対応できる人材を養成すべく,18年森友彦八少機関士(帰路軍艦「畝傍」とともに行方不明)と共にイギリスに派遣され,グリニッジ海軍大学校の1年課程に学んだ。艦艇,造船所で実習を行い,22年帰国。機関科士官が本務の研究のため留学したのはこれが初めて。日露戦争(1904~05)時には戦艦「朝日」機関長を務め,44年少将に進む。翌年舞鶴鎮守府機関長を最後に待命。<参考文献>日本舶用機関史編集委員会『帝国海軍機関史』

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関重忠の関連キーワード足柄石垣山小田原城小田原稲葉正員大久保忠愨大久保忠増大久保忠由松井半平

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone