関門自動車道(読み)かんもんじどうしゃどう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関門自動車道
かんもんじどうしゃどう

本州と九州とを結ぶ高速道路。管理は西日本高速道路。中国縦貫自動車道中国自動車道)の終点山口県下関(しものせき)市と、九州縦貫自動車道(九州自動車道)の起点北九州市とを結ぶ延長9キロメートルの路線で、1973年(昭和48)に完成した。路線のうちに吊橋(つりばし)の関門橋(橋長1068メートル)を含んでおり、関門海峡をひとまたぎしている。[下保 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android