関 弘子(読み)セキ ヒロコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

関 弘子
セキ ヒロコ


職業
女優

本名
観世 弘子(カンゼ ヒロコ)

生年月日
昭和4年 7月30日

出生地
東京都

学歴
自由学園女子高等科中退

経歴
声楽家の関種子の一人娘で、子どもの頃からピアノ、バレエ、声楽を学ぶ。昭和18年俳優座に入り、同養成所を1期生として卒業し新劇女優としてスタート。30年青年座退団後は古典芸能へと関心を移し、日舞、長唄、能などの修業を積んだ。44年能楽師の観世寿夫と結婚し、45年夫らと冥の会を結成した。国語学者の金田一春彦と組んでの「源氏物語」の平安朝の発音による朗読、「源氏」の一人語り舞台(57〜58年)などの活動がある。平成11年「源氏物語」全文を朗読、CD化した。

受賞
新劇演技者特別賞(昭39年度),紀伊国屋演劇賞(個人賞 昭56年度)

没年月日
平成20年 5月11日 (2008年)

家族
夫=観世 寿夫(能楽師),母=関 種子(声楽家)

親族
甥=観世 銕之丞(能楽師)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android