コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金田一春彦 きんだいちはるひこ

4件 の用語解説(金田一春彦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金田一春彦
きんだいちはるひこ

[生]1913.4.3. 東京
[没]2004.5.19. 山梨
国語学者。言語学者金田一京助の長男。旧制高校時代音楽に興味をもち一時作曲家を志したが,断念して東京帝国大学国文科に進学,音楽修業中に興味をもった日本語アクセントについて研究する。名古屋大学東京外国語大学上智大学などで教鞭をとりながら,おもに日本語の音韻について研究を続け,アクセントの歴史的変化の分析や体系化,方言の調査分析と系統化などで業績を残す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きんだいち‐はるひこ【金田一春彦】

[1913~2004]言語学者・国語学者。東京の生まれ。京助の長男。音韻史を専門とし、日本語のアクセントや方言に関する研究ですぐれた業績を残した。著「日本語」「日本語音韻の研究」「十五夜お月さん」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

金田一春彦【きんだいちはるひこ】

国語学者・言語学者。東京都生れ。言語学者金田一京助の長男。東京帝国大学(現,東京大学)文学部国文学科卒業。大学在学中に,助教授であった父京助のアイヌ語の講義を受けたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金田一春彦 きんだいち-はるひこ

1913-2004 昭和-平成時代の国語学者。
大正2年4月3日生まれ。金田一京助の長男。名大助教授などをへて昭和34年東京外大教授。49年上智大教授。のち武蔵野女子大,玉川大の客員教授。音韻史を専門とし,日本語のアクセントの史的研究をすすめた。邦楽,童謡にも造詣がふかく,58年「十五夜お月さん」で毎日出版文化賞。平成9年文化功労者。平成16年5月19日死去。91歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「日本語」「日本語音韻の研究」「平曲考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金田一春彦の関連キーワードICタグデトリングバルカン戦争光の科学史TORICO井上由美子ミサイルマン尿素SCRシステム(FLENDS)みまもりくんオンラインサービス国民保護法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金田一春彦の関連情報