コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閣老 カクロウ

大辞林 第三版の解説

かくろう【閣老】

江戸幕府で、老中の異名。
唐・明で、宰相の称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の閣老の言及

【老中】より

…江戸幕府の職制。年寄,宿老,閣老,執政とも呼ばれ,全国を統治する徳川氏将軍家の〈老〉(としより,おとな)として,将軍に直属してその信任のもとに,所司代,三奉行,遠国奉行,大目付などを指揮して国政を統轄した(老中の〈中〉は〈連中〉〈若者中〉などというように集合を表し,また〈――衆〉のように敬意を表す機能をもつ)。また加判の列とも呼ばれたが,これは老中連署奉書(老中奉書)に署名し,判(花押)を加える者という意味である。…

※「閣老」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

閣老の関連キーワード福地 源一郎正徳の治東条一堂御用部屋徳川家光江戸幕府高取藩観海流藍瑛異名宰相

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android