閭門(読み)りょもん

精選版 日本国語大辞典「閭門」の解説

りょ‐もん【閭門】

〘名〙 むらざとの入り口にある門。里門。
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉大沢、地中海、忙しき旅人「馬も車も、忽ち黄なる岩壁にそひたる閭門を過ぎ去りぬ」 〔漢書‐宇定国伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android