閭閻(読み)りょえん

精選版 日本国語大辞典「閭閻」の解説

りょ‐えん【閭閻】

〘名〙 むらざと。邑里。閭巷
※家伝(760頃)下「赦小過而演化、行寛政而容衆、入于閭閻、敬訪父老、蠲百姓之所一レ苦」
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「街巷閭閻の間に覧観せる所は、固り日日の条記すべき所にあらず」 〔史記‐蘇伝賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「閭閻」の解説

【閭閻】りよえん

村里の門。いなか。民間。〔史記、秦伝論賛〕夫(そ)れ秦は、閭閻よりり、六國をねて從親せしむ。此れ其の智、人にぐるり。

字通「閭」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android