コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闢異 へきい

1件 の用語解説(闢異の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

闢異
へきい

山崎闇斎著。寛永 19 (1642) 年撰。1冊。闢異とは正道を説いて,異端邪説を闢 (ひら) く意で,当時横行していた異端の害を知りながら,堂々と反駁する学者がいないのを嘆いて,孟子が公都子の疑問に敢然と答えたのにならって破邪しようとしたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

闢異の関連キーワードコルネイユ和算エリザベス朝演劇江戸落語上方落語中山道守山宿策伝大賞根本中堂安楽庵策伝井原西鶴

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone