コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防火対象物定期点検報告制度 ボウカタイショウブツテイキテンケンホウコクセイド

デジタル大辞泉の解説

ぼうかたいしょうぶつ‐ていきてんけんほうこくせいど〔バウクワタイシヤウブツ‐〕【防火対象物定期点検報告制度】

不特定多数の人が出入りする一定用途・規模の建物の管理権原者に対して、防火管理の状況や消防用設備の設置状況などを定期的に点検し、その結果を消防機関に報告することを義務づけた制度。点検は毎年1回、防火対象物点検資格者が行う。→防災管理定期点検報告制度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

防火対象物定期点検報告制度の関連キーワード防火セイフティマーク制度防火セーフティーマーク防火基準適合表示制度自主点検報告表示制度防火優良認定証適マーク

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android