コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防火対象物定期点検報告制度 ボウカタイショウブツテイキテンケンホウコクセイド

1件 の用語解説(防火対象物定期点検報告制度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼうかたいしょうぶつ‐ていきてんけんほうこくせいど〔バウクワタイシヤウブツ‐〕【防火対象物定期点検報告制度】

不特定多数の人が出入りする一定用途・規模の建物の管理権原者に対して、防火管理の状況や消防用設備の設置状況などを定期的に点検し、その結果を消防機関に報告することを義務づけた制度。点検は毎年1回、防火対象物点検資格者が行う。→防災管理定期点検報告制度

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防火対象物定期点検報告制度の関連キーワード結社回転扉勝手口出入り子肺門不特定不特定多数セックス依存症メールアートガス遮断性

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone