コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防災拠点 ボウサイキョテン

デジタル大辞泉の解説

ぼうさい‐きょてん〔バウサイ‐〕【防災拠点】

大規模な災害が発生したときに、被災地において救援救護などの活動の拠点となる施設。県・市庁舎、警察消防署医療機関、学校、公園など地域の中核となる施設が、都道府県・市町村ごとに防災拠点として指定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の防災拠点の言及

【防災】より

…防災という言葉は,今日では一般的に用いられるようになってきており,また防災訓練,防災会議,地域防災計画,自主防災組織,防災広場,防災拠点,防災公園,防災施設,防災都市計画,防災建築街区造成法など防災が含まれた術語も相当増えてきている。そして一般には,〈防災〉とは〈災害を防ぐこと〉と理解されている。…

※「防災拠点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

防災拠点の関連キーワード広域搬送拠点臨時医療施設国営東京臨海広域防災公園阿波市の新市庁舎天空の郷さんさん中部圏戦略会議東京都庁舎防災公園建築材料妹子の郷立川市墨田区

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防災拠点の関連情報