コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防衛装備移転三原則

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

防衛装備移転三原則

武器輸出を原則禁じた「武器輸出三原則」に代わって安倍内閣が昨年決めた方針。(1)紛争当事国などに該当しない(2)我が国安全保障に資すると判断できる(3)目的外使用や第三国移転をしないと相手国が約束した場合に、武器を輸出したり、国際共同開発に参加したりできる。

(2015-05-19 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼうえいそうびいてん‐さんげんそく〔バウヱイサウビイテン‐〕【防衛装備移転三原則】

武器や武器技術の海外への移転に関する原則。武器輸出三原則に代わるものとして、平成26年(2014)4月、閣議決定により策定。移転を禁止する場合、認める場合および審査プロセスを明確にし、情報公開を図るとした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

防衛装備移転三原則の関連キーワード武器輸出三原則の緩和防衛装備庁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防衛装備移転三原則の関連情報