コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修羅道 シュラドウ

世界大百科事典内の修羅道の言及

【六道】より

…業によって趣き住む所なのでこれを六趣(ろくしゆ)ともいうが,六道は悪趣ともいって苦の世界である。すなわち天道,人(にん)(間)道,修羅道,畜生道,餓鬼道,地獄道をいい,このうちとくに畜生道,餓鬼道,地獄道を三悪趣(さんなくしゆ)(三悪道)という。天道は天人の世界で人間の世界の人道より楽多く苦の少ない世界であるが,天人にも死苦があり,死に先立って五衰をあらわす。…

※「修羅道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

修羅道の関連キーワード仕舞い太鼓・仕舞太鼓六地蔵(仏教)カケリ(翔)修羅の妄執八島・屋島修羅出立ち経政・経正八島(能)二番目物能の用語阿修羅道雨月物語俊成忠度六観音六地蔵修羅物修羅界六道銭修羅場阿修羅

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修羅道の関連情報