修羅道(読み)シュラドウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅら‐どう ‥ダウ【修羅道】

〘名〙 仏語。六道の一つ。阿修羅の住む世界。阿修羅道修羅地獄。修羅界。修羅。
※正法眼蔵(1231‐53)仏経「あるひは畜生道の文字をもちゐ、あるひは修羅道の文字をもちゐ」
※太平記(14C後)三一「或は修羅道(シュラタウ)の奴と死ざる前(さき)に成ぬらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の修羅道の言及

【六道】より

…業によって趣き住む所なのでこれを六趣(ろくしゆ)ともいうが,六道は悪趣ともいって苦の世界である。すなわち天道,人(にん)(間)道,修羅道,畜生道,餓鬼道,地獄道をいい,このうちとくに畜生道,餓鬼道,地獄道を三悪趣(さんなくしゆ)(三悪道)という。天道は天人の世界で人間の世界の人道より楽多く苦の少ない世界であるが,天人にも死苦があり,死に先立って五衰をあらわす。…

※「修羅道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android