コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿吽像 あうんぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿吽像
あうんぞう

寺院の山門の左右に安置した仁王像 (金剛力士) ,また1対の狛犬 (こまいぬ) などのように阿吽の相を表わした像。一方は口を開いた阿形,他方は口を閉じた吽形。仏教の教理もこの阿吽の呼吸のごときものという説に基づく。東大寺南大門の運慶,快慶作の『金剛力士像』はその代表例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android