コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿多氏 あたうじ

世界大百科事典 第2版の解説

あたうじ【阿多氏】

平安末期から鎌倉前期にかけて薩摩国阿多郡を本拠に南薩地方一帯に勢威を張った武家。薩摩平氏の一流。1138年(保延4)阿多郡司平忠景は相伝私領の当郡内牟田上浦壱曲荒地を郡内観音寺に寄進しているが,同人は久吉名主として財力を誇り,50年(久安6)ころには薩摩権守を称し,薩摩平氏の棟梁としてその武威は大隅にも及んだ。54年(久寿1)鎮西に威をふるった源為朝女婿としたともいわれる。56年(保元1)ころ,弟忠永とともに荘公の収納物を押領したとして,59年(平治1)勅勘をこうむり貴海(硫黄)島に逃亡したという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の阿多氏の言及

【鮫島氏】より

…鎌倉初期,四郎宗家が源頼朝より薩摩国阿多郡の地頭職を与えられて下向したのが薩摩鮫島氏の始まり。一説では薩摩の阿多氏と同族というが不明。宗家の阿多地頭職が,平家に味方して没官された阿多氏の所領跡に置かれたものであることから,後世両氏を同族とみる説が生まれたとも考えられる。…

※「阿多氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿多氏の関連キーワード鮫島氏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android