阿多福(読み)オタフク

大辞林 第三版の解説

おたふく【阿多福】

「阿多福面おたふくめん」の略。
に似た女の顔。顔だちの悪い女。女をののしっていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おたふく【阿多福】

〘名〙
※雑俳・柳多留‐二三(1789)「しほふきやおたふくをして髭(ひげ)をそり」
② ①のような醜い顔の女。多くは女をあざけっていう。おかめ。三平二満(さんぺいじまん)
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)三「あのおたふく。腕は松の木腰は臼泣声猪(ぶた)に似たりけり」
③ (②から転じて) 自分の妻のことを謙遜していう。
④ ①の顔をした焼き物の人形。
滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「伏見焼のおたふくだぜ。布袋の水入れと夫婦になればいい」
⑤ 中限(なかぎり)相場が当限(とうぎり)及び先限(さきぎり)にくらべて安いこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android