阿曇比邏夫(読み)あずみのひらふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「阿曇比邏夫」の解説

阿曇比邏夫
あずみのひらふ

大和時代の武将。阿曇山背連比良夫ともいう。舒明天皇末年に百済に使いし,百済使人,大仁地位にあった。天皇の崩御 (641) により帰国,百済の国情を報告した。天智天皇即位の前年 (661) 前将軍に任じられ,後将軍阿倍比羅夫とともに百済を救援した。さらに天智1 (662) 年,大将軍大錦中に任じられ,百済を救援したが,翌年,白村江 (はくすきのえ) に新羅連合軍と戦い大敗。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android