コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿曇比邏夫 あずみのひらふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿曇比邏夫
あずみのひらふ

大和時代の武将。阿曇山背連比良夫ともいう。舒明天皇末年に百済に使いし,百済使人,大仁の地位にあった。天皇の崩御 (641) により帰国,百済の国情を報告した。天智天皇即位の前年 (661) 前将軍に任じられ,後将軍阿倍比羅夫とともに百済を救援した。さらに天智1 (662) 年,大将軍大錦中に任じられ,百済を救援したが,翌年,白村江 (はくすきのえ) に唐,新羅の連合軍と戦い大敗。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あずみのひらふ【阿曇比邏夫】

古代の水軍の将。662年、水軍一七〇隻を率いて、新羅しらぎと唐に攻められていた百済くだら救援に赴いたが、翌年、白村江で唐軍と交戦して敗れた。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

阿曇比邏夫の関連キーワード大和時代水軍

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android