コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿曇比邏夫 あずみのひらふ

2件 の用語解説(阿曇比邏夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿曇比邏夫
あずみのひらふ

大和時代の武将。阿曇山背連比良夫ともいう。舒明天皇末年に百済に使いし,百済使人,大仁の地位にあった。天皇の崩御 (641) により帰国,百済の国情を報告した。天智天皇即位の前年 (661) 前将軍に任じられ,後将軍阿倍比羅夫とともに百済を救援した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あずみのひらふ【阿曇比邏夫】

古代の水軍の将。662年、水軍一七〇隻を率いて、新羅しらぎと唐に攻められていた百済くだら救援に赴いたが、翌年、白村江で唐軍と交戦して敗れた。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿曇比邏夫の関連キーワード連比比良八荒大和時代阿曇比羅夫良夫とかな子采女枚夫島友保竹本弥太夫(3代)玉井西阿阿曇山背比羅夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone