阿曇比邏夫(読み)あずみのひらふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大和時代の武将。阿曇山背連比良夫ともいう。舒明天皇末年に百済に使いし,百済使人,大仁地位にあった。天皇の崩御 (641) により帰国,百済の国情を報告した。天智天皇即位の前年 (661) 前将軍に任じられ,後阿倍比羅夫とともに百済を救援した。さらに天智1 (662) 年,大将軍大錦中に任じられ,百済を救援したが,翌年白村江 (はくすきのえ) に新羅連合軍と戦い大敗。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

古代の水軍の将。662年、水軍一七〇隻を率いて、新羅しらぎと唐に攻められていた百済くだら救援に赴いたが、翌年、白村江で唐軍と交戦して敗れた。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android