阿曇比邏夫(読み)あずみのひらふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿曇比邏夫
あずみのひらふ

大和時代の武将。阿曇山背連比良夫ともいう。舒明天皇末年に百済に使いし,百済使人,大仁の地位にあった。天皇の崩御 (641) により帰国,百済の国情を報告した。天智天皇即位の前年 (661) 前将軍に任じられ,後将軍阿倍比羅夫とともに百済を救援した。さらに天智1 (662) 年,大将軍大錦中に任じられ,百済を救援したが,翌年,白村江 (はくすきのえ) に唐,新羅の連合軍と戦い大敗。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あずみのひらふ【阿曇比邏夫】

古代の水軍の将。662年、水軍一七〇隻を率いて、新羅しらぎと唐に攻められていた百済くだら救援に赴いたが、翌年、白村江で唐軍と交戦して敗れた。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android