コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿武松緑之助 オウノマツミドリノスケ

デジタル大辞泉の解説

おうのまつ‐みどりのすけ〔あふのまつ‐〕【阿武松緑之助】

[1791~1852]江戸後期の力士。第6代横綱能登(のと)の人。本名、佐々木長吉。優勝5回。→第5代横綱小野川 →第7代横綱稲妻

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿武松緑之助 おうのまつ-みどりのすけ

1791-1852* 江戸時代後期の力士。
寛政3年生まれ。武隈(たけくま),ついで錣山(しころやま)の門にはいり,小柳長吉を名のる。文政5年入幕。9年大関昇進とともに阿武松と改名。11年谷風梶之助,小野川喜三郎のあと6代目横綱をゆるされた。嘉永(かえい)4年12月29日死去。61歳。能登(のと)(石川県)出身。本名は佐々木長吉。

阿武松緑之助 あぶのまつ-みどりのすけ

おうのまつ-みどりのすけ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

阿武松緑之助の関連キーワード稲妻雷五郎

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android