コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿武松緑之助 オウノマツミドリノスケ

3件 の用語解説(阿武松緑之助の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おうのまつ‐みどりのすけ〔あふのまつ‐〕【阿武松緑之助】

[1791~1852]江戸後期の力士。第6代横綱能登(のと)の人。本名、佐々木長吉。優勝5回。→第5代横綱小野川 →第7代横綱稲妻

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿武松緑之助 おうのまつ-みどりのすけ

1791-1852* 江戸時代後期の力士。
寛政3年生まれ。武隈(たけくま),ついで錣山(しころやま)の門にはいり,小柳長吉を名のる。文政5年入幕。9年大関昇進とともに阿武松と改名。11年谷風梶之助,小野川喜三郎のあと6代目横綱をゆるされた。嘉永(かえい)4年12月29日死去。61歳。能登(のと)(石川県)出身。本名は佐々木長吉。

阿武松緑之助 あぶのまつ-みどりのすけ

おうのまつ-みどりのすけ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

阿武松緑之助の関連キーワード浅見五郎介稲妻雷五郎控力士久世敦行小柳常吉千代春長八角楯右衛門緋縅力弥四ツ車大八あんま

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone