コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野川喜三郎 オノガワキサブロウ

6件 の用語解説(小野川喜三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おのがわ‐きさぶろう〔をのがはキサブラウ〕【小野川喜三郎】

[1758~1806]江戸後期の力士。第5代横綱近江(おうみ)の人。谷風・雷電好敵手として活躍し、相撲の黄金時代を築いた。→第4代横綱谷風 →第6代横綱阿武松(おうのまつ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野川喜三郎 おのがわ-きさぶろう

1758-1806 江戸時代中期-後期の力士。
宝暦8年生まれ。5代横綱。大坂相撲から江戸相撲にうつり,天明2年,63連勝中の谷風をやぶった。寛政元年谷風とともに横綱となり,江戸相撲の黄金時代をつくった。幕内成績144勝13敗。身長178cm,体重135kg。文化3年3月12日死去。49歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本名は川村喜三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小野川喜三郎

没年:文化3.3.12(1806.4.30)
生年:宝暦8(1758)
江戸中期の力士。5代横綱。近江国(滋賀県)生まれ。宝暦11(1761)年生まれともいう。本名川村喜三郎。谷風梶之助,雷電為右衛門と共に寛政江戸勧進相撲全盛期を築く。63連勝を続ける谷風を倒して一躍名を挙げ,寛政1(1789)年谷風と同時に横綱を免許された。安永5(1776)年大坂で出場。同8年江戸に出て二段目で取り,天明2(1782)年2月場所5日目,4度目の挑戦で谷風に土を付けた。突いていなしたのち渡し込みで破ったもので,この大番狂わせ大田南畝は「谷風はまけたまけたと小野川が かつをよりねの高い取り沙汰」と狂歌に詠んでいる。久留米藩有馬家お抱え力士。機敏なスピード相撲で,優勝相当成績7回,勝率9割1分7厘は超強豪力士の証である。寛政9年引退。

(水野尚文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おのがわきさぶろう【小野川喜三郎】

1758‐1806(宝暦8‐文化3)
江戸時代の力士。5代横綱。近江国大津の生れ。本名,川村喜三郎。大坂相撲から1779年(安永8)江戸へ出て二段目筆頭(いまの十両)に付け出される。久留米有馬侯に召し抱えられ,当時8場所土つかずの谷風梶之助を破り,〈谷風は負けた負けたと小野川や かつをよりねの言いとり沙汰〉と蜀山人の狂歌で大評判となった。この時期,勧進相撲は黄金時代を迎え,徳川将軍上覧相撲にそなえ,89年(寛政1)谷風とともに前例のない横綱土俵入り免許を受けて観客の目を見張らせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おのがわきさぶろう【小野川喜三郎】

1758~1806) 江戸後期の力士。第五代横綱。近江大津の人。本姓、川村。谷風・雷電などの好敵手として活躍。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野川喜三郎
おのがわきさぶろう
(1758―1806)

江戸時代の相撲(すもう)力士で5代横綱。滋賀県大津出身。大坂相撲から江戸相撲に加わり、1782年(天明2)無敵を誇る谷風梶之助(かじのすけ)を破って人気を集め、89年(寛政1)谷風とともに前例のない横綱土俵入り免許を受け、寛政(かんせい)期(1789~1801)の黄金時代を築いた。身長176センチメートル、体重116キログラム、勝率91.7%。97年引退。抱え大名の久留米(くるめ)藩(有馬氏)下屋敷(東京都港区芝)に小野川部屋を開く。通説による帰坂は誤りで、江戸で没した。[池田雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小野川喜三郎の言及

【寛政力士伝】より

…講談。4代横綱谷風とその弟子雷電および小野川の3名の力士を中心に,佐野山の孝心,稲川の義俠などを描く。なかでも谷風の七善根,雷電の封じ手,小野川雷電遺恨相撲などがおもしろい。小田原の仇討相撲は一席物として今日でもよく演じられる。これを語って有名な真竜斎貞水(しんりゆうさいていすい)(のちに早川貞水,1917没)は国技館木戸御免であったし,貞鏡時代の1896年に《寛政力士伝》を刊行した。【吉沢 英明】…

【横綱】より

…横綱に関する古文書は少なく,1773年(安永2)に行司式守五太夫の書いた伝書によると,その起源は,城や屋敷を建てるときの地鎮祭に大関2人を招き,おはらいの地踏みを行ったが,その儀式免許を京都五条家が〈横綱之伝〉を許すといったことから始まったとされる。これを職業相撲の興行の土俵に移したのが吉田司(よしだつかさ)家で,89年(寛政1)11月場所中に,初めて谷風梶之助小野川喜三郎の両関脇(実力大関)に,〈横綱〉というしめ縄を腰にまとって土俵入りする免許を与えた。当時,横綱は腰にまとったしめ縄をさすのみで,もちろん番付には関係がなく,また大関の称号でもなかった。…

※「小野川喜三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小野川喜三郎の関連キーワード若乃花幹士朝潮太郎朝青龍明徳東富士欽壱綾川五郎次西ノ海嘉治郎秀ノ山雷五郎綾川五郎次(1)鬼勝象之助原元

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小野川喜三郎の関連情報