コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲妻雷五郎 イナズマライゴロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲妻雷五郎 いなずま-らいごろう

1798-1877 江戸時代後期の力士。
寛政10年生まれ。江戸の佐渡ケ岳(さどがたけ)部屋にはいり,文政4年(1821)初土俵,7年入幕。11年大関にすすみ,出雲(いずも)松江藩主松平氏の抱え力士となる。13年7代横綱。天保(てんぽう)10年(1839)引退。身長188cm,体重145kg。幕内成績130勝13敗。明治10年3月29日死去。80歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いなずまらいごろう【稲妻雷五郎】

1798~1877) 七代横綱。常陸ひたち国の人。雲州松江藩お抱え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲妻雷五郎
いなずまらいごろう
(1798―1877)

7代横綱。常陸(ひたち)国(茨城県)稲敷(いなしき)郡阿波崎(あばさき)村(現稲敷(いなしき)市)出身。佐渡ヶ嶽(さどがたけ)部屋所属。1824年(文政7)入幕、4年後に大関昇進、30年横綱を張る。6代横綱阿武松緑之助(おおのまつみどりのすけ)と並んで一時代をつくり人気を集めた。入幕から42歳の引退まで16年間に負け越しは1回のみ、勝率90.9%。相撲道の極意『相撲訓』を残し、また俳句にも親しんだ。雲州(うんしゅう)松江藩(松平氏)抱え力士。[池田雅雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

稲妻雷五郎の関連キーワードヘルウェティア共和国おもなお雇い外国人ゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議アイルランド反乱アイルランド問題

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲妻雷五郎の関連情報