コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲妻雷五郎 イナズマライゴロウ

4件 の用語解説(稲妻雷五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いなずま‐らいごろう〔いなづまライゴラウ〕【稲妻雷五郎】

[1798~1877]第7代横綱常陸(ひたち)の人。入幕後16年間の勝率90.9パーセントという。松江藩の抱え力士。→第6代横綱阿武松(おうのまつ) →第8代横綱不知火(しらぬい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲妻雷五郎 いなずま-らいごろう

1798-1877 江戸時代後期の力士。
寛政10年生まれ。江戸の佐渡ケ岳(さどがたけ)部屋にはいり,文政4年(1821)初土俵,7年入幕。11年大関にすすみ,出雲(いずも)松江藩主松平氏の抱え力士となる。13年7代横綱。天保(てんぽう)10年(1839)引退。身長188cm,体重145kg。幕内成績130勝13敗。明治10年3月29日死去。80歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いなずまらいごろう【稲妻雷五郎】

1798~1877) 七代横綱。常陸ひたち国の人。雲州松江藩お抱え。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲妻雷五郎
いなずまらいごろう
(1798―1877)

7代横綱。常陸(ひたち)国(茨城県)稲敷(いなしき)郡阿波崎(あばさき)村(現稲敷(いなしき)市)出身。佐渡ヶ嶽(さどがたけ)部屋所属。1824年(文政7)入幕、4年後に大関昇進、30年横綱を張る。6代横綱阿武松緑之助(おおのまつみどりのすけ)と並んで一時代をつくり人気を集めた。入幕から42歳の引退まで16年間に負け越しは1回のみ、勝率90.9%。相撲道の極意『相撲訓』を残し、また俳句にも親しんだ。雲州(うんしゅう)松江藩(松平氏)抱え力士。[池田雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲妻雷五郎の関連キーワード巴扇堂世暮気控力士大空武左衛門岸貞江玉垣額之助(6代)長隠(1)八角楯右衛門緋縅力弥四ツ車大八あんま

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲妻雷五郎の関連情報