阿波様(読み)アンバサマ

精選版 日本国語大辞典の解説

あんば‐さま【阿波様】

〘名〙 千葉県から岩手県にかけての沿海地方で信仰される漁業神。茨城県旧阿波村の大杉大明神をまつるもののようにいうものが多く、船霊様(ふなだまさま)の親神だという伝承もある。不漁続きの時、または若者たちが休日を請求する時、舟の漁具を取り外して浜に積み上げ、この神をまつる。あんば大杉。あんば。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android