コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あんば大杉 あんばおおすぎ

世界大百科事典 第2版の解説

あんばおおすぎ【あんば大杉】

茨城県稲敷郡桜川村の阿波大杉神社を中心とする信仰疱瘡除けの神として,関東地方の各地に広まり,境内社,小祠としてまつられている。千葉県印旛郡や香取郡では,〈あんば大杉大明神,悪魔をはらってヨイヤサ〉というあんばばやしが伝えられていて,3月の疱瘡神の祭日にあんば踊をする。神社から借り受けた天狗面や,神輿が村内を回って,悪疫をはらうなどの行事を伝える地域も見られる。疱瘡,天然痘などの悪疫をもたらす神をまつりこめて,送り出す疫神祭的な信仰と見ることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のあんば大杉の言及

【流行神】より

…これはやがてくり返し流行するようになった〈お蔭参り〉や〈ええじゃないか〉の現象にも通じていくと思われる。1727年(享保12)に,江戸に常陸国から大杉明神(あんば大杉)が飛来してきて狂乱状況になった。大杉明神は,利根川周辺の疫病よけで知られる神格であったが,江戸に大流行したのである。…

※「あんば大杉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android