阿羅漢果(読み)あらかんか

精選版 日本国語大辞典「阿羅漢果」の解説

あらかん‐か ‥クヮ【阿羅漢果】

〘名〙 仏語。小乗の四沙門果の最高の位。阿羅漢としての修行を完成して到達した位で、煩悩を断って、再び生死の世界に流転しない位をいう。羅漢果。
※今昔(1120頃か)一「其後、仏許(もと)に参て、七日と云ふに阿羅漢果を得たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android