コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部定高 あべ さだたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿部定高 あべ-さだたか

1635-1659 江戸時代前期の大名。
寛永12年生まれ。阿部重次(しげつぐ)の長男。父の跡をつぎ,慶安4年武蔵(むさし)岩槻(いわつき)藩(埼玉県)藩主阿部家3代となる。弟正春に1万6000石,従兄正能(まさよし)に6000石を分知するが,のち従兄の分は還付される。万治(まんじ)2年1月23日死去。25歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

阿部定高の関連キーワード浅井了意ホイヘンスリシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)浅井了意天文学史(年表)三宅澹庵中川久清ミーリスガリレイ顔元

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone