陋態(読み)ろうたい

精選版 日本国語大辞典「陋態」の解説

ろう‐たい【陋態】

〘名〙 いやしい様子。見苦しい態度、様子。醜状醜態。〔音訓新聞字引(1876)〕
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉威海衛大攻撃 北洋艦隊全滅!「覚束なき日本語を語りて得意なるもの、醜状陋体を極めたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陋態」の解説

ろう‐たい【×陋態/×陋体】

見苦しい態度やようす。醜態。
「醜状―を極めたり」〈独歩・愛弟通信〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android