(読み)ロウ

デジタル大辞泉 「陋」の意味・読み・例文・類語

ろう【陋】[漢字項目]

[音]ロウ(漢)
場所が狭苦しい。「陋屋陋居陋巷ろうこう
心が狭く卑しい。「陋習陋劣頑陋愚陋固陋孤陋卑陋

ろう【×陋】

場所が狭いこと。また、心・見識が狭いこと。
改名主あらためなぬしの図書検閲が―を極めている例として」〈芥川戯作三昧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「陋」の意味・読み・例文・類語

ろう【陋】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動 ) 場所が狭いこと。また、見識が狭いこと、あるいは卑しいこと。醜いこと。また、そのようなさまや人。〔語孟字義(1705)〕
    1. [初出の実例]「陋なり。名に汲々たるは、猶を利に汲々たるがごとし」(出典:江戸繁昌記(1832‐36)五)
    2. [その他の文献]〔論語‐子罕〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワーキングホリデー

協定締結国の国民に対し,休暇の機会と,その間の滞在費用を補う程度の就労を認める査証(ビザ)を発給する制度。二国間の協定に基づき,国際的視野をもった青少年を育成し,両国間の相互理解と友好関係を促進するこ...

ワーキングホリデーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android