コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロウ

デジタル大辞泉の解説

ろう【×陋】

場所が狭いこと。また、心・見識が狭いこと。
「改名主(あらためなぬし)の図書検閲が―を極めている例として」〈芥川戯作三昧

ろう【陋】[漢字項目]

[音]ロウ(漢)
場所が狭苦しい。「陋屋陋居陋巷(ろうこう)
心が狭く卑しい。「陋習陋劣頑陋・愚陋・固陋孤陋卑陋

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろう【陋】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
場所がせまくるしいこと。心がせせこましく、卑しいこと。また、そのさま。 「 拖泥帯水たでいたいすいの-を遺憾なく示して/草枕 漱石」 「長者の胸の卑にして-なる/慨世士伝 逍遥

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

陋の関連キーワード廊・朗・郞・労・勞・廊・弄・朗・楼・樓・浪・漏・牢・狼・籠・老・聾・臘・蝋・蠟・郎・陋・露ギルバート(Sir William Schwenck Gilbert)朽ち果てる・朽果てる係累・繋累・繫累億・屋・憶・臆五箇条の御誓文五箇条の誓文胥吏[中国]元の木阿弥ぼく東綺譚野卑・野鄙万亭応賀清巌宗渭大関増業桐生悠々伊東静雄井口重基ベロー厚物咲黒羽藩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陋の関連情報