(読み)ろう

精選版 日本国語大辞典「陋」の解説

ろう【陋】

〙 (形動) 場所が狭いこと。また、見識が狭いこと、あるいは卑しいこと。醜いこと。また、そのようなさまや人。〔語孟字義(1705)〕
江戸繁昌記(1832‐36)五「陋なり。名に汲々たるは、を利に汲々たるがごとし」 〔論語‐子罕〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陋」の解説

ろう【陋】[漢字項目]

[音]ロウ(
場所が狭苦しい。「陋屋陋居陋巷ろうこう
心が狭く卑しい。「陋習陋劣頑陋愚陋固陋孤陋卑陋

ろう【×陋】

場所が狭いこと。また、心・見識が狭いこと。
改名主あらためなぬしの図書検閲が―を極めている例として」〈芥川戯作三昧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android