コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロウ

デジタル大辞泉の解説

ろう【×陋】

場所が狭いこと。また、心・見識が狭いこと。
「改名主(あらためなぬし)の図書検閲が―を極めている例として」〈芥川戯作三昧

ろう【陋】[漢字項目]

[音]ロウ(漢)
場所が狭苦しい。「陋屋陋居陋巷(ろうこう)
心が狭く卑しい。「陋習陋劣頑陋・愚陋・固陋孤陋卑陋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろう【陋】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
場所がせまくるしいこと。心がせせこましく、卑しいこと。また、そのさま。 「 拖泥帯水たでいたいすいの-を遺憾なく示して/草枕 漱石」 「長者の胸の卑にして-なる/慨世士伝 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

陋の関連キーワード廊・朗・郞・労・勞・廊・弄・朗・楼・樓・浪・漏・牢・狼・籠・老・聾・臘・蝋・蠟・郎・陋・露ギルバート(Sir William Schwenck Gilbert)朽ち果てる・朽果てる係累・繋累・繫累五箇条の御誓文億・屋・憶・臆五箇条の誓文胥吏[中国]元の木阿弥野卑・野鄙大関増業桐生悠々井口重基伊東静雄清巌宗渭通がる厚物咲薩都剌ベロー黒羽藩

陋の関連情報