コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

降り紛ふ フリマガウ

2件 の用語解説(降り紛ふの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふり‐まが・う〔‐まがふ〕【降り紛ふ】

[動ハ四]区別がつかないほど入りまじって降る。
「秋深くなりにけらしな鈴鹿山紅葉は雨と―・ひつつ」〈新勅撰・雑四〉
[動ハ下二]入りまじって降って区別がつかないようにする。
「花残るころにや分かむ白雪の―・へたるみ吉野の山」〈秋篠月清集

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふりまがう【降り紛ふ】

( 動四 )
区別がつかないほどに入りまじって降る。 「矢釣山木立も見えず-・ふ雪にさわける朝あした楽しも/万葉集 262
( 動下二 )
降って入りまじらせる。 「草も木も-・へたる雪もよに/新古今

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone