コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

降伏法 ゴウブクホウ

デジタル大辞泉の解説

ごうぶく‐ほう〔ガウブクホフ〕【降伏法】

密教の5種護摩の一。五大明王を本尊として、悪魔・外道(げどう)・怨敵(おんてき)などを鎮めるために行う修法調伏法(ちょうぶくほう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうぶくほう【降伏法】

密教の五種の修法の一。護摩をたいて祈り、怨敵おんてき・悪魔などを退散させるもの。調伏法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

降伏法の関連キーワード密教

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android