コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五大明王 ごだいみょうおう

5件 の用語解説(五大明王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五大明王
ごだいみょうおう

五大尊,五忿怒ともいう。特に密教で不動明王を中心として四方に配され,魔を降伏させる5明王で,中央が不動,東方が降三世,南方が軍荼利,西方が大威徳,北方が金剛夜叉。いずれも忿怒の形相を表わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ご‐だいみょうおう〔‐ダイミヤウワウ〕【五大明王】

密教明王のうち、不動降三世(ごうざんぜ)軍荼利(ぐんだり)大威徳金剛夜叉(こんごうやしゃ)の五明王。五力(ごりき)明王。五大尊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごだいみょうおう【五大明王】

不動明王を中心とした降三世(ごうざんぜ)明王軍荼利(ぐんだり)明王大威徳明王金剛夜叉明王の総称で,五大尊とも言う。ただし,台密(天台宗の密教)においては金剛夜叉明王の代りに烏枢沙(瑟)摩(うすさま)明王が加わる。唐代の不空のころに,金剛界五仏(上記明王に対応して,大日,阿閦(あしゆく),宝生,無量寿,不空成就)の教令輪身(きようりようりんしん)(忿怒身)として五尊にまとめられた密教像である。中国の例は,唐代に造られた五大明王鈴(東京国立博物館)しか知られていないが,日本では,宮中真言院における後七日御修法の本尊としての画像,あるいは平安時代に盛んであった五壇法の本尊として造像された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごだいみょうおう【五大明王】

密教の五人の偉大な明王。不動・降三世ごうざんぜ・軍荼利ぐんだり・大威徳・金剛夜叉の各明王。不動を中央にして東南西北に配する。五大尊明王。五力明王。五大尊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五大明王
ごだいみょうおう

不動明王を中央として、東西南北におのおの降三世(ごうざんぜ)・軍荼利(ぐんだり)・大威徳(だいいとく)・金剛夜叉(こんごうやしゃ)の四大明王を配置した一組一体からなる明王部の尊形。五大尊ともいう。五大明王各尊は種々の障害を取り除くもっとも強力な忿怒(ふんぬ)形であるが、なかでも五大明王は、中央と四方の方角を守り固める完全な守護形式を有するものとして、八大明王に次ぐ規模をもつ。平安時代には五大明王の信仰が流行し、五壇法(ごだんほう)の本尊として彫刻、絵画が数多くつくられた。密教寺院では五大堂などに安置させる。四大明王の配置には若干の異説があり、天台系では金剛夜叉のかわりに烏枢瑟摩(うすしま)明王を加える場合がある。五大明王の成立はおのおの別で、最終的には不空(ふくう)訳『仁王護国般若波羅蜜多経陀羅尼念誦儀軌(にんのうごこくはんにゃはらみったきょうだらにねんじゅぎき)』に集約され、尊名が認められる。すなわち金剛波羅蜜、金剛手、金剛宝、金剛利、金剛夜叉諸菩薩(ぼさつ)の変化身(へんげしん)として威怒(いぬ)不動金剛、威怒降三世金剛、威怒甘露(かんろ)軍荼利金剛、威怒六足金剛、威怒浄身(じょうしん)金剛があると伝えている。これらは「金剛」という名で呼称されているが、図像学的には五大明王のことである。この不空訳の儀軌に基づいて描かれたものを『仁王経五方(ごほう)諸尊図』といい、空海によって中国より請来された。しかし平安時代ではこの形式は使われず、旧訳(鳩摩羅什(くまらじゅう)訳)『仁王経』に基づいて作画された五大力吼(ごだいりきく)菩薩像が仁王会の本尊となった。五大明王の作例は中国で唐代に製作された五鈷鈴(ごこれい)の側面に浮彫りされている。また曼荼羅(まんだら)では五大明王などを配した仁王経曼荼羅図がある。絵画では東寺、醍醐(だいご)寺の白描図、彫像では大覚寺のものが知られる。[真鍋俊照]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の五大明王の言及

【五大尊法】より

…息災,増益,調伏を祈る密教の修法の一つ。五大尊は不動,降三世(ごうざんぜ),軍荼利(ぐんだり),大威徳,金剛夜叉の五大明王のことで,天台密教では金剛夜叉にかえて烏蒭(枢)沙摩(うすさま)明王を用いることもある。これらの明王は,1明王ごとに壇を連ねて5壇で行う場合と,1壇のみで勤める場合とがあり,前者をとくに五壇法,後者を一壇法,五大尊合行法という。…

【五壇法】より

…(1)密教の修法の一つ。五大明王を1明王ごとに別壇にまつり,五つの壇を連ねて修法すること。息災,調伏のほか,とくに天皇や国家の大事の際に修された。…

※「五大明王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五大明王の関連キーワード降三世明王三不動九会降三世降三世法金剛索八大明王不動法倶利迦羅不動明王調伏法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五大明王の関連情報