コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限定解釈 げんていかいしゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限定解釈
げんていかいしゃく

条文上の文言につき,日常一般に用いられる意味をせばめて,ないしはそれに制限を加えて解釈すること。たとえば最高裁判所は地方公務員法 37条1項の争議行為の「あおり」について,違法性強度な争議行為につき,しかもあおり行為自体も違法性の強度な場合に限るとしていた。このような限定解釈を加えることによってのみ,あおり行為に刑罰を科すことが合憲であるとしたのである (いわゆる合憲限定解釈) 。最高裁はその後態度を変更し,限定解釈は犯罪構成要件を不明確にし罪刑法定主義と抵触するとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

限定解釈の関連キーワード違憲立法審査権そそのかし

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

限定解釈の関連情報