除村 吉太郎(読み)ヨケムラ ヨシタロウ

20世紀日本人名事典「除村 吉太郎」の解説

除村 吉太郎
ヨケムラ ヨシタロウ

大正・昭和期のロシア文学・ロシア語学者 日ソ学院院長;早稲田大学教授。



生年
明治30(1897)年2月10日

没年
昭和50(1975)年11月3日

出生地
群馬県

学歴〔年〕
東京外国語学校(現・東京外国語大学)露語科〔大正7年〕卒

主な受賞名〔年〕
ゴーリキー記念文学賞〔昭和47年〕

経歴
大正12年東京外語と早大の講師となり、露文学者として活躍。昭和5年早大教授。10年から12年にかけて文部省在外研究員としてモスクワに滞在する。15年当局の圧力で東京外語を辞し、執筆生活に入る。戦後は早大講師に復帰して、37年客員教授に就任し、42年の退職後は日ソ学院長を務めた。著書に「芸術とリアリズム」「ソビエト文学史」「文学とインテリゲンチャ」などがあり、訳書も数多くある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「除村 吉太郎」の解説

除村 吉太郎 (よけむら よしたろう)

生年月日:1897年2月10日
大正時代;昭和時代のロシア文学者。日ソ学院院長
1975年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android