除脂肪体重減少とお年寄りの予後(読み)じょしぼうたいじゅうげんしょうとおとしよりのよご

家庭医学館の解説

 低栄養の状態が続くと、脂肪組織の量も除脂肪体重も減って体重が減少しますが、除脂肪体重の減少が、お年寄りにより大きなダメージを与えます。
 除脂肪体重が15%低下するような低栄養状態が続くと、免疫力が低下し、肺炎がおこりやすくなります。
 30%の減少では、衰弱して歩くことが困難になり、35%以上の低下では、尿路感染症(にょうろかんせんしょう)(腎盂腎炎(じんうじんえん)、膀胱炎(ぼうこうえん)など)が合併するようになります。
 40%以上の減少で、座ることができなくなって、寝たきりとなり、45%以上減少すると、褥瘡(じょくそう)(とこずれ)が発生します。
 50%以上も減少すると、生命を維持することがむずかしくなります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android