コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除脂肪体重減少とお年寄りの予後 じょしぼうたいじゅうげんしょうとおとしよりのよご

1件 の用語解説(除脂肪体重減少とお年寄りの予後の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じょしぼうたいじゅうげんしょうとおとしよりのよご【除脂肪体重減少とお年寄りの予後】

 低栄養の状態が続くと、脂肪組織の量も除脂肪体重も減って体重が減少しますが、除脂肪体重の減少が、お年寄りにより大きなダメージを与えます。
 除脂肪体重が15%低下するような低栄養状態が続くと、免疫力が低下し、肺炎がおこりやすくなります。
 30%の減少では、衰弱して歩くことが困難になり、35%以上の低下では、尿路感染症(にょうろかんせんしょう)(腎盂腎炎(じんうじんえん)、膀胱炎(ぼうこうえん)など)が合併するようになります。
 40%以上の減少で、座ることができなくなって、寝たきりとなり、45%以上減少すると、褥瘡(じょくそう)(とこずれ)が発生します。
 50%以上も減少すると、生命を維持することがむずかしくなります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

除脂肪体重減少とお年寄りの予後の関連キーワード脂肪組織低栄養息が続く底這い体が続く白色脂肪組織脂肪組織切除脂肪組織切除術腎臓周囲脂肪組織蓄積脂肪