コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除風 じょふう

1件 の用語解説(除風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

除風 じょふう

1666/67-1746 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文6/7年生まれ。真言宗の僧。服部嵐雪(らんせつ)にまなび,各地を吟遊。備中(びっちゅう)(岡山県)倉敷に南瓜庵をむすび,松尾芭蕉(ばしょう)をしたって千句塚をきずく。のち讃岐(さぬき)(香川県)観音寺山崎宗鑑(そうかん)の旧跡一夜庵を再興した。延享3年1月13日死去。80/81歳。備中出身。別号に南瓜庵,生田堂,百花坊。編著に「青莚(あおむしろ)」「千句塚」「夢の枯野」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

除風の関連キーワードフェリペ穴井六郎右衛門児童文学火災保険大老三大名作塙保己一荒木田久老歌体約言勘六

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone