コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除風 じょふう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

除風 じょふう

1666/67-1746 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文6/7年生まれ。真言宗の僧。服部嵐雪(らんせつ)にまなび,各地を吟遊。備中(びっちゅう)(岡山県)倉敷に南瓜庵をむすび,松尾芭蕉(ばしょう)をしたって千句塚をきずく。のち讃岐(さぬき)(香川県)観音寺山崎宗鑑(そうかん)の旧跡一夜庵を再興した。延享3年1月13日死去。80/81歳。備中出身。別号に南瓜庵,生田堂,百花坊。編著に「青莚(あおむしろ)」「千句塚」「夢の枯野」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

除風の関連キーワードドライデンニュートン(Sir Isaac Newton)クロノグラムホイヘンス火災保険大老ホイヘンスボイル(Robert Boyle)モリエールライプニッツ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android