コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陪観 バイカン

デジタル大辞泉の解説

ばい‐かん〔‐クワン〕【陪観】

[名](スル)貴人や目上の人に付き従って一緒に見物すること。
「芝居を催し、藩士ばかりに―させる例があって」〈福沢福翁自伝

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばいかん【陪観】

( 名 ) スル
身分の高い人につき従い見物すること。 「女芸人等は-を許された/渋江抽斎 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

陪観の関連キーワード梅・倍・唄・培・売・媒・梅・煤・貝・買・賠・賣・陪・黴渋江抽斎能舞台町入能貴人

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陪観の関連情報