コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李嶠 りきょう Li Jiao

2件 の用語解説(李嶠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李嶠
りきょう
Li Jiao

[生]貞観19 (645)
[没]開元2 (714)
中国,初唐の詩人。趙州賛皇(河北省)の人。字は巨山。麟徳1(664)年進士に及第。蘇味道,崔融,杜審言とともに「文章四友」と呼ばれ,五言律詩(→律詩)に優れ,宮廷詩人として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


りきょう
(644?―713?)

中国、初唐期の詩人。字(あざな)は巨山。趙(ちょう)州(河北省)賛皇(さんこう)の人。15歳にして五経に通じ、20歳で進士に登第した。武后のとき(690~705)に同鳳閣鸞台(どうほうかくらんだい)平章事(宰相)となったが、玄宗の世(712~756)に(じょ)州(安徽(あんき)省)別駕(べつが)に左遷され、ついで廬(ろ)州(安徽省)別駕に移され、70歳で没した。文才に恵まれ、初め駱賓王(らくひんのう)、王勃(ぼつ)と交遊し、中ごろには蘇味道(そみどう)とともに「蘇・李」と並称され、晩年には文壇の長老となった。「文章の四友」(杜審言(としんげん)、李、崔融(さいゆう)、蘇味道)の一人。わが国では平安朝以来、李の詠物詩が読まれ、早くに中国で散佚(さんいつ)した『李雑詠』は、今日、日本に伝存する。[丸山 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の李嶠の言及

【唐詩】より

…収められた詩の大半が〈応詔〉の作であって,制作の条件も同じであった。李嶠(りきよう)(644‐713)の《雑詠》のごとき〈詠物〉の律詩の集が熟読されたことも,初唐の詩の影響の大きさを示すものであり,《凌雲集》以下の諸詩集に見える古体詩が盛唐以後の古体詩とスタイルを異にするのは,やはり初唐詩家の作を学んだものと思われる。 盛唐(710ころ‐765)の詩の名家は多いが,王維,李白,杜甫を例としよう。…

※「李嶠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李嶠の関連キーワード貞観時代開元開元の治没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.開元雅楽開元観開元・天宝時代

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone