コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶碧玉 とうへきぎょくporcelain-jasper

岩石学辞典の解説

陶碧玉

ポルセラナイト(porcellanite)と同義.天然に焼けた粘土の名称でジャスパーの変種と考えられている.粘土質の物質が火成岩の影響を受けて水分を失い硬くなり煉瓦のようになったもの[Werner : 1789].玄武碧玉とも呼ぶ.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

陶碧玉の関連キーワードリソイダルシステイル

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone