コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶管 とうかん

大辞林 第三版の解説

とうかん【陶管】

釉薬うわぐすりを施した土管。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陶管
とうかん

陶磁器製の管類のことで、一般に土管もこのなかに含まれる。狭義には釉薬(ゆうやく)を施した土管だけをいう。土器質のもの、陶器質で釉薬を施したもの、焼き締まりのよい石器質のものがある。釉薬を土管に塗布して素焼土管より高温で焼成すると、表面に光沢が出てガラス質の表層ができ液体の透過を防ぐ。日本工業規格(JIS(ジス))にも規定され、直管、枝管、曲管などがあり、高級なものは化学工業装置にも使用されるが、一般には下水管、農耕用排水管などに多く使用される。[工藤矩弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

陶管の関連キーワードクノッソス宮殿ローマ水道岩舟[町]牟礼[町]管(くだ)常滑(市)給排水設備常滑[市]青木 均一高浜[市]暗渠排水鯉江高司梶山関山青木均一下水管渠常滑焼防府市常滑市高浜市炻器

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陶管の関連情報